自転車もあおり運転で罰則が!どんな行為が違反なのか?逮捕や罰金も
スポンサーリンク

6月30日に施行される改正道路交通法ではあおり運転罪の罰則が強化されました。

 

あおり運転では死亡者がでるなど社会問題にも発展していただけに、罰則強化の法整備が遅いくらいですね。

 

とはいえ、自動車を運転する私も意図的ではなくてもあおり運転気味になったりしないように注意しなければと考えています。

 

でも今回のあおり運転罪は、自転車も対象になるために運転免許がなくても罪を犯すことになる可能性もあります。

 

自転車でもあおり運転すれば逮捕や罰金5万円などの事態もあり得るのです。

では、いったいどんな行為が自転車でのあおり運転になるのでしょうか

気になったので調べてみました。

自転車もあおり運転で罰則が!逮捕や罰金も

自転車もあおり運転の対象になり、罰則があります。

 

あおり運転の被害を受けたと感じた車両の運転手が申告した場合や、警察官が直接確認していた場合、それに、ドライブレコーダーや防犯カメラの映像などであおり運転をしていたと立証できた場合には自転車でも摘発されます。

車両だけでなく歩行者に対しても注意が必要です。

 

それでもしもその危険行為をした後に逃走するなどしたら逮捕されるということも充分考えられます。

それに、3年間に2度摘発された14歳以上に安全講習の受講が義務化されています。
この安全講習は3時間の有料講習となっています。6000円(6月30日現在)

受講命令に違反した場合、5万円以下の罰金です。

 

自転車運転者講習の受講は、もともと自転車で危険な違反行為をしたときに適用されていたものなので、それにあおり運転が加わったということですね。


受講しないと罰金ですから、必ず受けないといけませんね。

これって行政処分が出る前の段階で自分自身であおり運転をしたという自覚がない場合はどうなるのでしょうか?

 

そんなことした覚えがないのでそのまま自転車で行ってしまうと逃走ってことになるのかな。

そんなことにならないように自動車と同様で周りに充分注意して自転車に乗らないといけませんね。

 

自転車のあおり運転ってどんな行為が違反なのか?

自転車のあおり運転ってどんな行為をしたときに違反とされるのでしょうか。

 

通行妨害の目的で、交通の危険の恐れがある方法により一定の違反をする行為と定められています。

罪的には、「妨害運転罪」(あおり運転)となります。

 

テレビなどで報道されるあからさまなあおり運転ならわかりやすいですね。
もちろんこれは自動車での事例が報道されることが多いのですが、基本的には自転車でも同じようなことをすればアウトです。

 

では、自転車のあおり運転とはどのようなものが対象になるのでしょうか。

1、逆走して進路をふさぐ
2、幅寄せ
3、進路変更
4、不必要な急ブレーキ
5、ベルを執拗に鳴らす
6、車間距離の不保持
7、追い越し違反対向車線に

でもこれって意外と知らず知らずのうちに、けっこうしていることありますよね。

それにこれらの行為は、自転車が自転車やバイク、自動車に対してすることはもちろんですが、当然歩行者に対しても同じです。

1、逆走して進路をふさぐ

私も友達といっしょに並んで自転車乗っていました。
考えてみれば後ろを走行している自動車や他の車両の邪魔になります。

2、幅寄せ

通常なら故意にすることはないですが、周りを注意していないと自動車や他の車両に気づかず幅寄せのような形になることも考えれらます。

3、進路変更

この場合の進路変更というのは、後続の車両を前に行かせないようにわざと進路変更を妨害する行為だと思います。

普通はしませんが、これも周りを注意して自転車に乗っていないと知らずにしてしまうかも知れませんね。

4、不必要な急ブレーキ

確かに、私も自動車を運転していると、止まる必要のないところで不意に止まる自転車に驚いたことがあります。

わざとでなくても、後続車はびっくりします。

これも自転車に乗る際周りを注意していないと起こることですね。

5、ベルを執拗に鳴らす

これってけっこうありますね。

自動車でいえばクラクションですね。

どちらかと言えば歩行者相手に鳴らされている方が多いように思いますね。

6、車間距離の不保持

細い道や渋滞している道で速度が遅くなっているときに自転車でも自動車にぴったり後ろについていることってありますよね。

私もバックミラーを見ながら近づきすぎて追突しないで、と思いながら運転していたことがあります。

追突されて車に傷がつくのも嫌ですが、それ以上に追突されたあげく自転車に乗っている人がけがでもしたら、こちらにも非があるように言われることもありますからね。

 

それに歩道などでも歩行者や他の自転車の後ろにぴったり張り付くような感じで走行している方もいらっしゃいます。

7、追い越し違反対向車線に

これも自転車の人でけっこう多いですね。

小さいから大丈夫と思うのでしょうか。

自動車ともですが、バイクや自転車など正面衝突しそうな場面を何度か見ています。

 

 

とまぁ全て危険な行為ですからしてはいけませんね。

ただ、わざとすることはなくても知らないうちにしてしまいそうなことが多いですね。

自転車だからと油断しないで充分周りを注意して走行することを心がけようと自分自身に言い聞かせています。

 

それに、あおり運転は危険行為の中のひとつとされています。
ですから、あおり運転だけでなく自転車の危険行為はどちらにしても罰則を受けるので注意が必要ですね。

 

ところであおり運転(妨害運転)以外の自転車の危険行為とはどのようなものなのでしょうか?

1、信号無視
2、通行禁止違反
3、歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
4、通行区分違反
5、路側帯通行時の歩行者の通行妨害
6、遮断踏切立入り
7、交差点安全進行義務違反等
8、交差点優先車妨害等
9、環状交差点安全進行義務違反等
10、指定場所一時不停止等
11、歩道通行時の通行方法違反
12、制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
13、酒酔い運転
14、安全運転義務違反

15、妨害運転(あおり運転)
今回妨害運転(あおり運転)が加えられました。

 

ま、あおり運転に限らず、すべて交通の危険が発生する恐れのあるものばかりですね。

 

今回は、あおり運転がクローズアップされることとなりましたが上記のような他の危険行為も起こさないように充分注意して自転車に乗るということを肝に銘じないといけませんね。

 

でも自転車には乗るものの法律までしっかり把握している方は意外と少ないのではないでしょうか。

それに知っていても守らない人もいらっしゃるでしょう。

 

私も、ちょっとくらいなら良いかという甘い考えをなくし、ルールを守って交通事故がないようにしたいですね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事