碧山(あおいやま)相撲力士の本名や出身国は?奥さんは5歳年上!
スポンサーリンク

大相撲ファンの方にとってはおなじみの力士
碧山 亘右(あおいやま こうすけ)さん!

 

2020年春場所の番付は前頭十三枚目です。
幕内力士の中では、今場所は下の方ですね。

 

とはいえ、好調で優勝もできるところにいます。

 

そんな碧山さんも年齢は33歳とピークを過ぎています。
いまさらですが、ところで碧山さんって、もともとどこの国出身?
と思っている人もいるかもしれませんね。

 

ここでもう一度碧山さんについて調べてみました。

ちょっと知ることで取り組みも面白く感じるものですよ。

碧山さんの本名や出身国は?

碧山さんですが、本名はダニエル・イヴァノフさんです。

出身国は、ブルガリア・ヤンボルです。

 

以前は外国人力士といえばハワイ出身が多かったですね。
そして、その後はモンゴル勢が番付の上位を占めています。

 

ヨーロッパもまったくいなかったわけではないですが
現在もモンゴル勢の力は強いですね。

 

碧山さんもヨーロッパ出身の力士としては
最高位の大関の一歩手前まで行ったのですが
残念ながら、けがなどにより関脇が最高です。

 

 

特にここ3場所はあまり成績が振るわず
今場所も前頭十三枚目からのスタートとなりました。

 

今場所の成績によっては下に落ちる可能性もありました。
年齢的なこともあり一度十両に落ちてしまうと
幕内に戻ることは難しいかとも思われました。

 

しかし、はじまってみると
なんと、優勝を争うほど勝っています。

 

失礼ながら私などは、もうそろそろ引退されるのかな
なんてことも思ったりしていました。

 

場所前には、よもやここまで好成績になるとは
思いもしませんでした。

 

ほんと、申し訳ございません、ですね。

 

 

しかし、逆に言うとそれだけ上位陣がふがいないと言えます。
先場所も西前頭17枚目の徳勝龍 (とくしょうりゅう)さんが20年ぶりに幕尻優勝をしました。

33歳5カ月での優勝でした。

 

もし碧山さんが優勝となればそれよりも上の
33歳9カ月での優勝ということになります!

 

まぁただそう簡単に優勝はできないですよね。
でもがんばってほしいな!

碧山さんの奥さんは5歳年上!

奥さんは5歳年上のブルガリア人女性のビオレタ・トドロバ夫人です。

出会いは、2015年5月場所が終わった後のブルガリアに帰国中だそうです。
食事に行った際、偶然同じテーブルになり共通の友人に紹介されたそうです。

 

この頃トドロバさんはドイツで設計と建築のデザイナーだったそうで
なんでもたまたまブルガリアに帰ってきていたそうです。

 

いゃぁ、ほんと出会いってこんな感じであるもんなんですね。
ドラマや映画の世界だけじゃないんですよ。

 

 

しかも、二人の実家の距離が80メートルしか離れていないんです。
でも、その時が初対面だったっていうから不思議ですよね。

というか近所のことに二人とも無関心だったのかな。

 

どちらかというと碧山さんの一目惚れのようですね。(笑)

 

その後日本とドイツの遠距離恋愛でさらに愛を育みました。
ついに2016年4月にトドロバさんが来日し、同年8月30日に結婚しました。

 

翌年の2017年2月19日に披露宴をされたんですが
その時のコメントが何か未来を予感しているような言葉でした。

ボクのため、奥さんのため、部屋のためにも頑張って東京五輪まで現役を続けたい

ね、すごいでしょ。
今年2020年現役を続けています!
まさに、愛の力ですl
実際、奥さんの存在は碧山さんに力を与えています。

 

身長 191.0cm体重 193.0kgの巨漢ゆえにけがも多い力士です。
どん底まで落ちることもありました。

 

そういう時も奥さんの存在が彼を支えていたようですね。
5歳上ということもありしっかりされているのでしょう。

 

女性の年齢をどうだこうだというのは失礼なんですが
お相撲さんの世界では、年上の奥さんは金星に匹敵するとも言われています。
ちなみに、相撲界では美人のことも「金星」と言うそうです。

 

 

碧山さんは別としても
けっこうお相撲さんって若いうちから相撲部屋に入門します。
もちろん高校卒業後や大学卒業後に入門もありますが
中学卒業してという新弟子もいまだに多くいます。

 

ですから、あまり社会のことを知らない。
極端に言うと相撲のことしかわからないくらいの人もいます。

 

そういうところを、年上のしっかりした女性がフォローする。
体の健康面はもちろん精神的なところも当然です。

 

今場所は現役を続けているどころか、優勝も狙える位置です。
なんか優勝してほしいなと思うのは私だけでしょうか。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事