プロ野球の日程2020!コロナの影響でどうなる?選手感染で開催は?
スポンサーリンク

阪神タイガースの藤波投手など3選手が新型コロナウイルスに感染しました。
匂わない、味がしないなど今までとは違う症例のケースも
あるのだと思われた方も多いのではないでしょうか?

 

プロ野球選手としては、新型コロナウイルスに感染した
はじめての選手ということになります。

 

はっきり感染しているとわかった選手というほうがいいかな。
無症状のケースもあるということですから。

 

しかし、ここにきて著名人の感染が増えていますね。
まぁ、これだけ世界的に感染が拡大しているので
いずれはと思っていましたがいざ出たとなるとやっぱり心配ですね。

 

で、これからもプロ野球選手の感染者が増える可能性はあります。
となると今後の2020年のプロ野球の日程はどうなっていくのでしょうか?

 

いろいろなケースを考えてみました。

 

プロ野球の日程2020!

2020年はオリンピックの年として通常よりも早く開幕する予定でした。
しかし、新型コロナウイルスの感染が拡大してきたことにより
やむなく開幕戦の日程をずらすことにしました。

 

当初の開幕戦延期の日程も結局早すぎるとなり
4月24日に開幕するという予定になりました。

 

阪神の3選手が感染しましたが
いまのところは、そのまま4月24日開幕の方向ですすめていくということです。

 

しかし、都道府県によって感染者の数が違うのと
広範囲から応援にこられる可能性があるので
日程通りに事が進むかどうか不明な点が多いですね。

 

プロ野球は新型コロナウイルスの影響でどうなる?

プロ野球開幕は4月24日ということで予定されています。

 

しかし、東京都などで不要不急の外出の自粛要請があったりと
今後、新型コロナウイルスの影響によってはさらなる変更があるかも知れません。

 

「密閉」「密集」「密接」などを避けるようにと東京都も注意しています。

そして、NPB(プロ野球)とJリーグ(サッカー)が設立した
「新型コロナウイルス対策連絡会議」で専門家チームの提言書でも
「新型コロナウイルスの感染を促進する3要因」として以下を提言しています。

 

(1)多くの方が集まる状況での濃厚接触 (手が届く範囲での交流)
(2)近距離での咳・くしゃみ、おしゃべり、発声
(3)換気の悪い密閉空間

 

これからすると、野球の観戦もよく考えないといけません。
(1)多くの方が集まる状況での濃厚接触 (手が届く範囲での交流)は
普通に考えてもスタジアムなら当てはまります。

 

ですから、鳴り物の応援や阪神で言えばジェット風船なんかはダメですね。

 

(2)近距離での咳・くしゃみ、おしゃべり、発声
これなどは、座席ってだいたい近距離ですよね。

 

席を空けて座るとかになるのかな。
おしゃべりや発生がダメなら無口のまま拍手だけの応援ですか。

 

(3)換気の悪い密閉空間
ドーム球場の場合は密閉空間になるのでしょうか?
換気が悪いってどの程度がそうなのかわかりませんね。

 

これらは、提言のほんの一部です。

 

詳しくは、こちらに記載されています。

 

しかし、どちらにせよ応援観戦するのも一苦労です。
なんとか終息に向かっていけばいいのですが
まだまだ出口は見えていないようです。

 

何の心配もしないで純粋に自分が好きなチームを
力いっぱい応援したいですね!

 

プロ野球選手に新型コロナウイルス感染者がでると開催は?

現在は、4月24日に開幕の方向で動いていますが
今後プロ野球の選手の感染者が増えてきた場合はどうなるのでしょうか。
いや、選手だけではなく球団関係者が感染した場合もですね。

 

結論から言えば、開幕してから感染者がでればまず試合はできません。

 

 

なぜそういうことになるのかというと
シーズンが開幕してから感染者がでれば
当然その選手はしばらくアウトですよね。

 

それだけではありません。
シーズンになれば同じチームなら同じベンチだし
遠征になれば同じ交通手段で食事なども同じ場合も増えます。

 

ということは、他の選手が感染していなくても
1人感染者が出ればチームはアウトということになるでしょう。

 

となると、途中で数週間も試合ができないということになります。
たった1チームの1人の感染者がでてです。

 

仮にそういうことが数チームで起こればどうでしょうか。
日程の調整が大変でしょう。
だから、開催しても中止になる可能性があります。

 

オリンピックが延期になりその期間にも試合ができますが
開幕も4月24日ということで1ケ月以上遅れています。
その時点でオリンピックの期間を過ぎています。

 

 

それに、新型コロナウイルスの感染拡大が
まだまだ収束してきていませんから、増える可能性は大です。

 

今までも、各チームによって対応がばらばらでしたね。

日本ハムなどは、北海道が爆発的に増えたこともあり
プロ野球チームの中では早くから外出禁止を決めていました。

巨人や楽天も遠征中やキャンプ中の外出禁止などを決定していました。

 

その一方で大人ということもあり
本人たちの自主性にまかせているというチームもありました。

 

プロ野球選手といっても
下は、18歳から上は40歳代と年齢層にも幅があり
若い選手ならともかく、そこそこの年齢になっている
大の大人に厳しく外出や外食禁止などを徹底できない
ということもあるのではないでしょうか。

 

しかし、今回の阪神タイガースの3選手が
新型コロナウイルスに感染したことで
各チームともこれで徹底した指導をしていくのではないでしょうか。

 

ということは、感染した選手には申し訳ないですが
いろんな意味でいい方向に行くのではないでしょうか。

 

これを怪我の功名として
今後、他のプロ野球選手に感染者がでないことを祈ります!

スポンサーリンク
おすすめの記事