梨田 昌孝(元近鉄)の病状は?どこで入院!感染はどこでしたのか?
スポンサーリンク

ここにきて連日新型コロナウイルスに感染する有名人が増えています。

 

先日も志村けんさんが亡くなったばかりですが
いつになったら収束してくるのでしょうか?

 

そして、元近鉄バファローズの捕手で
日本ハムや楽天で監督を務めた梨田 昌孝(なしだ まさたか)さんが
新型コロナウイルスに感染したと報じられました。

 

重度の肺炎にかかっているということで
近鉄や日本ハム、楽天などのファンからも心配する声があがっています。

 

で、気になる病状や、入院している病院やどこで感染したのかを調べてみました。

 

梨田 昌孝さんの病状は?


梨田さんですが、重度の肺炎にかかっているという報道があります。
現在の病状はどうなっているのでしょうか?

 

私は医師ではないのでいい加減なことを
軽はずみには言えませんが
けっこう大変な感じはします。

 

というのも、時系列で症状をみてみると

3月25日から倦怠感があり自宅で静養していたようです。
新型コロナウイルスの影響で講演なども中止になっていたようなので
気分的にもゆっくり休養できたと思うのですが。

 

ただの疲れならそれでもよかったのですがコロナウイルスでは仕方ないですね。

 

それで、28日に発熱したということですから
倦怠感と自覚症状がでてから3日後ということになります。

 

それから30日に呼吸困難となり病院で受診されたそうです。
そして、翌日の31日に重度の肺炎にかかっていることがわかります。

 

そして、PCR検査を受けた結果新型コロナウイルスの感染が判明しました。

 

これを見る限り、当初言われていた37.5度の熱が4日続いた場合どころか
発熱してから2日で重度の肺炎になっているのです。

 

あと2日間我慢していたら大変なことになっていますよね。

ですから、先日の藤波投手のように匂いや、味がしなくて
他は通常と変わらないケースがあったり
その人によっていろいろな症状がありそうですね。

 

ただ、心配なのは急激に症状が重くなっていることです。
志村さんのこともありますから、一日も早い回復をお祈りしています。

 

梨田さんはどこで入院されているの?


病状が心配な梨田さんですが、どこの病院で入院されているのでしょうか?

 

大阪府内の病院であることは間違いないようです。
ただ、現在詳しい病院名までは発表されていません

 

というのも、現在連日数多くの感染者が出ています。
複数の病院で対応しなければいけません。

 

3月25日の時点では感染症の患者を受け入れ可能な病床は
大阪府でおよそ280床となっています。

 

重症者が増えてくるととてもじゃないけど足りません。

 

今大阪府では、感染者でも症状が軽い患者を受け入れられるよう
公立や民間の病院で病床を増やす作業が急ピッチで進められています。

 

大阪府だけではありませんが、全国で患者が増えています。
いずれ病床がたりなくなる可能性もありますから病床確保は急務ですね。

 

梨田さんはどこで感染したのでしょうか


ところで、梨田さんはいったいどこで感染したのでしょうか?

 

プロ野球の解説や講演の仕事などをされていますから
全国各地に行かれることも多いでしょう。

 

でも現在は、新型コロナウイルスで講演会などはどこも中止になっています。
ですから、そういうところでの感染はないですね。

 

プロ野球の試合も現在は行われていませんからそこでの感染もないと思います。
まぁ、チームによっては練習しているところもあるようですけど
この状況の中あえて練習を見に行くこともないでしょう。

 

でもどこかで、誰かから感染したことは間違いありません。
そういう意味では、誰でも知らないうちにどこかで感染してしまうということですね。
そう考えると本当に怖いですね。

 

しかし、梨田さんは1953年8月4日生まれなのでまだ66歳です。
しかも元プロ野球選手で年齢の割には体力はあるでしょう。

 

容姿をみても健康そのものという感じがします。
でも意外とそれが過信になっていたのかも知れませんね。

 

ですから、やっぱり今は注意して毎日を過ごすことですね。

一日も早く梨田さんが回復することを願います。

スポンサーリンク
おすすめの記事