一世帯30万円の現金給付?もらえる条件は!コロナ対策一律支給は?
スポンサーリンク

追記:一世帯30万円の現金給付から一律10万円給付になりましたね。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりませんね。

感染もさることながら
経済的にも大きなダメージを受けている人は
非常に多いでしょう。

かくいう私もその一人先行きが不安で仕方ありません

 

そんな中、緊急経済策として安倍総理大臣と
自民党の岸田政務調査会長が会談しました。

 

そして、一定の水準まで所得が減少した世帯に対し
1世帯当たり30万円給付することで一致したということです。

 

これって微妙ですよね。
もちろん給付はありがたいのですが。

そこで、現在わかっている情報を集めてみました。

一世帯30万円の現金給付は本当にもらえるの?

ところで一世帯30万円の現金給付って本当にもらえるのでしょうか?

 

各メディアで報道されていますし、その方向で進むということは違いないですね。
30万円という金額にした経緯については、自民党の岸田政務調査会長によると

さまざまな議論の結果で、日本の世帯の人数など、さまざまな観点から出てきた数字だ

ということですが、そのさまざまがどういう風に決まったのかを具体的に知りたいですね。
まぁ、これから調整に入るでしょうからそのうちわかるかな。

 

しかし、この案は早速批判されています。

30万円という金額の根拠は別にして
なぜ一世帯単位なのかということですね。

 

もちろん、これは世帯の人数が多い家族にとっては切実です。
一世帯ということは、一人暮らしでも30万円給付されます。
でも、5人や、6人など人数が多くても30万円ということになると
やっぱり不公平感ありますよね。

 

特に子だくさんのご家族などは
普通の時でも食費など大変ですよね。

一世帯の中で働き手が多い場合も
人数×減収分ってことになりますから
30万円でも少ないくらいの世帯もあるでしょうね。

もちろんないよりましですよ。

 

でも、一人暮らしと同じ給付金では苦しいのは当然です。

ですから、一人ずつに数万円給付するという方が良いのでは
という声も多くあがっていますね。

一世帯30万円もらえる条件は?

一世帯30万円ということですが、全世帯もらえるのでしょうか?

 

これも今あがっている案によるとそうでもないらしいです。
もちろんこれから調整に入っていくので修正される可能性もあります。

 

現在では、新型コロナウイルスの影響で
一定の水準まで所得が減少した世帯に対してということです。

 

で、この一定の水準ってどれくらいってなりますよね。
半減した世帯という声も聞こえてきますが
具体的なことはこれからだそうです。

 

でも、これって給付金の対象にぎりぎりならない世帯は悲惨ですよね。
1割でも、2割でも収入が減っているのは間違いないのですから。

そのあたりも不満がでそうです。
それに、所得の減少を証明する方法についても
自己申告になりそうです。

 

詳細はこれからですが、自己申告となると
虚偽記載の判断も難しいですね。

 

それに、いくら簡素化するといっても
申告方法がわからないという方もいらっしゃるでしょう。

 

スピード感が大事と言っていますが
早くても5月のゴールデンウイーク前になりそうって
もっと前倒しできないんでしょうか。

 

あと1ケ月どころかあと1週間でもきつい世帯は数多くありそうです。

やるならやるでほんとスピーディーにしてほしいな。
これでも現金給付対象から外れたら悔しいですね。

一律支給はないの?


一律で支給ですが、今のところないですね。世帯で考えているようです。

 

世帯ごとに自己申告後の方法だとどうしても現金が手元に届くまで時間がかかります。
でも一律で支給となれば、金額さえ決めればより早く手元に届くことになります。

 

実際そういう声も国会内では聞かれます。
さまざまな給付方法が与野党にかかわらずでていますね。

 

もちろん、国民すべてが了承できる方法なんてありませんから
より多くの国民が納得する方法を考えて欲しいものです。

 

その多くの給付方法のなかで、一律で支給すれば良いという声は
早くから多くの人が言っていました。

 

ただ、リーマン・ショック後の2009年に実施した
一律の現金給付は、はっきり言って失敗でしたよね。

みんな使わずに貯金したんですから。
ま、使った人もいますけどね。

 

金額も全国民に1万2000円と微妙でしたが
それでも1人ですから、不公平感はまだましでした。
ちなみに若年者と高齢者は2万円でした

 

結局配ってみたものの思ったような結果にはつながらなかった。
これがあるから今回は世帯でということになったのかも知れませんね。

 

でも、どちらにしても緊急に経済対策しないと
新型コロナウイルスに感染する前に
生活ができなくなりそうで不安ですよね。
少なくとも私は、そうです。

スポンサーリンク
おすすめの記事