YouTuberが事務所を続々退所脱退する理由は!真相は何?マージン率か?
スポンサーリンク

子供がなりたい職業のランキングベスト10にも入るほど人気があるYouTuber(ユーチューバー)!

そんな人気のYouTuber(ユーチューバー)ですが、事務所に所属している人も少なくありません。
この事務所は、マルチチャンネルネットワーク(略してMCN)と言われています。

ま、簡単に言えばYouTuberをサポートする会社ですね。

 

それがですね、近年所属していた事務所を続々と退所脱退するYouTuber(ユーチューバー)が増えているんですよ。

 

中には、日本でも指折りの登録者数を有する有名なYouTuber(ユーチューバー)も退所しています。

いったいなぜ退所脱退するのでしょうか?その真相は?ひょっとしてマージン率とか関係あるのでしょうか?

 

調べてみました。

YouTuberが事務所を続々退所脱退する理由は!真相は何?

YouTuberが事務所を続々退所脱退する理由はいったいなぜなんでしょうね。
YouTuberも数多くいらっしゃいますから各々考え方の違う方もいらっしゃるでしょう。

 

でもここ最近で続々退所もしくは脱退と言った方が良いのかな、そういうYouTuberが増えているということは、やはりなにか原因があるのでしょう。

YouTuberが事務所を続々退所脱退する理由

ま、簡単に言えば所属しているメリットがなくなったてことでしょう。

 

そりゃ、そうですよね。
やめてくれって言われる、ようするにクビではなく
自ら出ていくのですから、メリットがないからに決まってますよね。

 

MCNと呼ばれている日本企業の最大手はUUUM(ウーム)株式会社です。

他にもYouTuberが所属する企業には、株式会社VAZ、株式会社Kiiiなどがあります。

 

で、最大手のUUUM(ウーム)株式会社の主なサービスですが

プロモーションプランのご提案
YouTuberを軸にした企業様の商品・サービスの認知向上を目的としたプロモーションプランを提供します。

メディアプランニングのご提供
TrueView動画広告やGoogleディスプレイネットワークを活用したUUUM独自のメディアプランニングを提供します。

動画マーケティングコンサルティング
YouTubeで培った知見を元に、企業様のブランドに合った映像を制作します。

UUUM(ウーム)

というように、UUUM(ウーム)に所属しているメリットとして企業案件の広告が大きいですね。
そして、それにともないグッズやイベントなでの収益もあります。

個人でやるよりもこういうUUUM(ウーム)など企業に所属していると信用面でも有利ですよね。

 

以前は、YouTuber(ユーチューバー)って何?
胡散臭い仕事?遊びじゃないの?

なんて思われていた時代は、このような企業の信用が大きな後ろ盾となり多くの大手企業案件の窓口としてYouTuber(ユーチューバー)にとってもメリットがありました。

 

ただ、近年短いサイクルで時代は動いています。
YouTuber(ユーチューバー)も世間に認知され
企業側からしても充分広告を出すメリットがあると認識されてきました。

すると、ある程度一定の登録者数のあるYouTuber(ユーチューバー)なら別にMCNの窓口がなくても直接契約することが可能になってきました。

そんなことも退所脱退の理由になっているのかもしれませんね。

 

でも私からすると、YouTuber(ユーチューバー)さんってけっこう過酷な仕事だと思いますけどね。

毎日動画を投稿するんですよ。
そして、投稿する動画の企画や構成をして自分で出演したものを撮影する。
それが終われば撮影した動画の編集と、これらの作業を基本1人でしなければいけないんですからね。

ま、もちろん登録者数が多くて収入が多い人はスタッフや外注などたのめますけど。
みんながそこまで稼いでいるとは思えませんね。

 

だから、仕事量のわりには儲かっている人少ないんじゃないかな。

YouTuberが事務所を続々退所脱退の真相は何?マージン率か?

YouTuber(ユーチューバー)が事務所を続々と退所脱退する真相は何かというと、そのマージン率にもあります。

 

先ほども書きましたが、動画一つ撮影するのに基本全部自分でしなければいけません。
撮影に必要な道具や小物それに材料など経費もかかりますよね。

 

となるとMCNに支払うマージンってけっこう痛いですよね。
だいたい売り上げの20%くらいと言われています。
ま、このマージン率が高いのか低いのかそれとも妥当なのかは各々違った捉え方にはなるでしょうね。

 

例えば、100万売り上げがあっても頭から20万円引かれるんです。
残り80万円から経費につかった金額を引いたものが利益ですね。

 

経費が多いと当然利益は少なくなります。
でも、最低限必要な経費って絶対ありますから、それがいくらかによっても利益は変わってきます。

 

もちろん売り上げを1000万円、1億円とあげていけば手元に残るお金も増えます。
そうなってくると、マージンだけでも相当な金額になってきます。

 

近年では登録者数の多いYouTuber(ユーチューバー)には大手企業も直接仕事の依頼をしてくることもあります。

別に窓口のMCNがなくても直接交渉できる機会もすごく増えています。

 

登録者数の多い個人でやっているYouTuber(ユーチューバー)の中にはもともとマージンがもったいない、それならその分で人を使ったり外注で頼む方が安上がりだと考え所属していない人もいます。

 

まぁ、確かにそうですよね。
私でもそうするかも知れませんね。
そこそこ登録者数の多いYouTuber(ユーチューバー)は、マージンのお金を考えたら自分でした方が得ですよね。

 

ただ、MCNの方にすればそれまで窓口になり企業案件を提供してきたのにという気持ちはあるかも知れませんね

 

そういうことで、最大手のUUUM(ウーム)で最近わかっているだけでも下記の人たちが退所脱退しています。

2020年4月ハイサイ探偵団 登録者数94.5万人
2020年4月4日のっき 登録者数32万人
2020年3月19日釣りいろは 登録者数46万人
2020年3月7日COCOCOROチャンネル 登録者数26万人
2020年2月8日マーキュリー商事2 登録者数8万人
2020年2月1日木下ゆうか 登録者数545万人
2020年1月19日実況者ねが本拠地 登録者数54万人
2020年1月1日はこ 登録者数5万人
2019年12月27日ブレイクスルー佐々木 登録者数36万人
2019年12月26日JJコンビ 登録者数25万人
2019年9月ヴァンゆん(登録者数非公開200万人超)
(※ヴァンビはUUUM所属、ゆんはVAZ所属)現在所属:太田プロダクション
2019年7月すしらーめんりく 登録者数484万人
2019年2月20日キットチャンネル 登録者数38万人

ユーチュラ

退所、脱退、卒業とそれぞれの方によって伝え方は違いますが、総じてみなさん「もめて辞めたのではない」とおっしゃっていますね。

ま、観た範囲でですが、悪くいう人はいませんでした。

 

ということで、以前は十年一昔と言いましたが最近では3年いや2年ひと昔くらいかも知れませんね。

あまりにもネット内での流れの速さに溺れそうになっているのは私だけでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事