10万円給付申請方法いつから?期間や対象など簡単にわかりやすく!
スポンサーリンク

いよいよ新型コロナウイルスによる支援として10万円の一律給付の概要が発表されました!

 

総務省によると給付は、国籍を問わないということ。
4月27日時点の住民基本台帳に記載されているすべての人が対象になるということです。

 

とにかく今国民の生活はひっ迫しています。
ですから、1日も早く給付をはじめてほしいですね。

 

そこで、今回は10万円の給付の手続きはどうするのか申請方法などを簡単にわかりやすく調べました。

 

ようするに、国内に住む日本人はもちろんのこと、3か月を超える在留資格などを持ち住民票を届け出ている外国人が対象となるということですね。

 

10万円給付の対象者!手続き申請方法

手続きはどうすればいいのでしょうか?

気になるところですね。
できるだけ簡易な方がすぐにできるのでいいですよね。

10万円給付の対象者

給付対象者は、先ほども書きましたが、基準日とされる令和2年4月27日現在で住民基本台帳に記録されている人です。

受給権者は、その人がいっしょに住んでいる世帯の世帯主です。
ま、世帯主が代表になり家族の分をまとめて口座に振り込んでもらうということですね。

 

ただ、世帯ごとの給付だとDVなどで避難している方など不都合な人もいらっしゃいます。
そのへんは、総務省が検討していると思います。

申請書の申し込み方法と、給付の方法は

郵送申請方式とオンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)があります。

どうしてもやむを得ない場合に限って窓口における申請及び給付を認めるそうです。
どんな場合かというと、口座がない人、住んでいる場所が金融機関から遠く離れている人などです。

 

ま、でも基本的には郵送かオンラインですね。
感染が拡大する可能性を少なくするためです。

 

で、順序としては
郵送申請方式

  1. ご自身の住民票がある市区町村から申請書が送られてきます。
  2. 世帯主が本人名義の金融機関の口座番号などを記入します。
  3. 口座を確認できる書類と本人確認の書類のコピーを一緒に返送 します。
  4. 家族分の給付金がまとめて振り込まれる

オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)

  1. マイナポータルから振込先口座を入力
  2. 振込先口座の確認書類をアップロード
  3. 電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)
  4. 家族分の給付金がまとめて振り込まれる

仕組みとしてはこんな感じですね。
どちらの申請方式でもとりあえず、市区町村から申請書が送られてきてからスタートです。
オンラインは、マイナンバーカードがないとダメなのでご注意を。

 

それと万が一、世帯のなかで給付金の受け取りを希望しない人がいるときは、申請書の記載欄に記入することができるようです。
それで、受け取り拒否した人の分は支給されないということです。

 

ま、いろいろな考えや経済事情もありますからそういう方もおられますよね。
私なら、家族の誰かがいらないと言っても私がもらうからとりあえず受け取ってとお願いしますね。(笑)

それに、もし家族全員が支給を希望しないときは、申請書の返送は必要なしでいいということです。

私にとってはありえない!せこいですね。(苦笑)

10万円給付の申請期間や給付開始日は?

受付及び給付開始日については市区町村において決定するということです。
(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする)

可能な限り迅速な支給開始とは言うものの実際はどんなに早くても5月中になるようです。

願わくば、もっと早くなるといいのですが。

申請の受け付けを開始する日は各市区町村が決めます。
申請期限は、申請受付開始日から3か月以内です。

 

期限があるのでご注意ください!
ま、10万円もらえるので忘れる人はいないとは思いますが、いろいろ大変な時なので申請をしそびれてしまったということがないようにしてくださいね。

 

とにかく、申請書が送られてくるのを待ちましょう。
あっ、でも申請書が届くのがあまりも遅い場合は、ご近所の知り合いなどに確認してご自身のところだけなのか注意してください。

 

今は、何事もあわただしくドタバタしています。
間違いもあるかもしれませんからね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事