エール(朝ドラ)の秘書杉山あかね役は誰?元AKBで女優の加弥乃!
スポンサーリンク

NHKの朝の連続テレビ小説「エール」も東京編になり出演するメンバーも少し変わってきましたね。

この東京編で話題になっているのが、コロンブスレコードのディレクター廿日市誉(はつかいちほまれ)役を演じる古田新太(ふるたあらた)さんの秘書を務める杉山あかね役の加弥乃(かやの)さんです!

 

当時では珍しかったであろうクールなキャリアウーマン的な感じが視聴者の気になるところでしょう。

ですから、あの秘書役は誰?と話題になっています!

 

エール(朝ドラ)の秘書杉山あかね役は元AKBで女優の加弥乃さん

どうせ新人が端役で出演しているのだろう。エールの秘書杉谷あかね役を観た時の感想です!

でも、加弥乃さんがまさか元AKBだった女優さんだったとは全然知りませんでした。

 

だって、エールに初めて登場したときには、単なるまじめで地味な女性秘書という感じだったんですよ。

どうせ1、2度くらいの登場だろうなと思って観ていました。
というか、別に特別何かを感じて観ていたわけではないですね。

 

ただ当初の思いとは違い、登場数も増え、台詞も増えてくると日ごとにその存在感が増してきました。

ま、登場時間的にはそんなに長くはないのですが、要所要所で短い台詞ながら爪痕を残していますね。

 

ということで気になり「エール」の人物紹介で杉山あかねを観てみると

音楽についての高い見識を備えていて、廿日市の良きアドバイザーとなっている。

NHKエール人物紹介
そうなんです。
ただの秘書ではなかったようです。
考えてみれば、時代設定で言えば昭和初期です。
女性が秘書としてレコード会社で働いていること自体が珍しい時代ですよね。
ましてや、よくあるお茶くみではなくばりばり仕事をこなす、しかもクールで仕事のできるキャリウーマンみたいな感じです。
今後どのような形でストーリーにかかわってくるのか楽しみですね。
もう少し私生活なんかも観られるようなれれば親近感がわいていいのですが。
しかし、エールも放送中断もあるようですから今後の登場もどうなるかわかりませんね。
ストーリー自体が、どのようになって行くかもわかりませんから。
早く撮影が再開されることを望むばかりです。

エール(朝ドラ)の秘書杉山あかね役元AKBで女優の加弥乃さんについて!

元AKBで女優の加弥乃さんですが、普段はエールと違いとてもおしゃれで明るい感じの女性なんですね。
加弥乃(かやの)さんは、1994年2月10日生まれということで、現在26歳です。
元AKBということですが、いったいいつ頃のメンバーだったのかというと2005年12月 から2007年11月まで在籍されていました。
ということは、本当の初期オープニングメンバーだったんです。
で、2007年11月までということは、AKBがブレイクする前にやめちゃったんですね。
今となっては残念でしたね。
ま、でもこれは第三者が思うことで本人はやめてよかったのかも知れません。
でも2005年といえば、当時はまだ11歳だったんですね。
それで、AKBのメンバーだったなんてびっくりです!
それよりも、もっと驚きは、加弥乃さん2歳から子役として仕事をされていたのです。
この道なんと24年です。(笑)
そりゃ、NHKの朝ドラにもでるよね、です。
今までにも数々の舞台、CM、テレビ、映画などに出演されてなんとCDまでだしているんですからすごいですね。
今回のエールでもう少し出番が増えれば大ブレイクする予感が私はしています。
ま、私の感は当たるときとはずれるときがありますけど。確率50%は誰でもわかる(笑)
しかし、加弥乃さんはこれからさらにいろいろなメディアで取り上げられるのは間違いないと思いますよ。
活躍が楽しみですね!
スポンサーリンク
おすすめの記事