奈雪の茶ってどんな店なの?大阪に中国発人気ティードリンク!味は!
スポンサーリンク

奈雪の茶(なゆきのちゃ)?

一見すると日本のお茶という感じですね。

 

でもこれ、中国のお店なんです。

 

しかも、中国ではあのスターバックスコーヒーの数倍の売上があるほど人気があるようです。

そして、この度2020年7月4日土曜日にこの中国発人気ティードリンクブランド「奈雪の茶」の記念すべき日本第1号店「奈雪の茶 道頓堀店」が大阪の道頓堀にオープンします。

 

さて、この「奈雪の茶」ってどんなお店なんでしょうか?
それに、このお店のティードリンクってどんな味なのでしょうか?

 

「奈雪の茶」ってどんな店なの?

「奈雪の茶」は、2015年に設立されたのですが、すでに中国50都市に加えシンガポール、アメリカで約350店舗を展開するほどの人気店なのです!

 

それで、どんなお店かと言うとメイン商品はティードリンクとソフトパン!
ま、お茶とパンの店です(笑)

 

深圳(深セン)の品道餐饮管理有限公司が展開している中国のお茶をベースとしたドリンク専門店で、ベーカリーも販売しています。

 

「若者に中国茶を好きになってもらいたい」というコンセプトがあるようで、お客さんの層も20歳~35歳くらい、20、30代の若い女性ですね。

中国では「奈雪の茶」の前には長い行列ができるくらいの人気です。

 

創業者がご夫婦ということで、お店の名前が「奈雪の茶」というのも、奥さんのハンドルネームが「奈雪」だったそうなんです。

それでご主人が「妻の店」という意味で、「奈雪の茶」としたそうです。

 

とても仲の良いご夫婦なんですね。うらやましい!
だから商売繁盛になっているのでしょうね。

 

で、20代、30代の女性がターゲットということでいろいろ工夫もされています。

 

それぞれのお店の設計はすべてデザイナーが違うそうで、空間を大切にしています!
それに、自撮りも楽しめるようにと、店内には照明がいろんな場所に設けられています。

 

自撮りと言う点では、ティードリンクのカップもいろんなブランドとコラボするなどインスタ映えのするカップになっています。

 

大阪の道頓堀店でもインスタ映えの日本版カップがあるのではないでしょうか。

 

近頃若い女性はとにかくインスタ映えが必須のようになっていますよね。
食べたり飲んだりする前にも必ずスマホで撮影する姿をあちらこちらで見ます。

 

そういう意味では、この奈雪の茶の店舗やドリンクにベーカリーなんかは色合いやデザインにしてもほんとインスタ映えは間違いないですからね。

ただ時期的にまだコロナの影響もありますからどれだけのお客さんが来店するかですね。
私もいきたいけど7月上旬か、どうなっているでしょうね。

 

「奈雪の茶」の道頓堀店人気ティードリンクの味は!

2020年7月4日土曜日オープン!
「奈雪の茶 道頓堀店」
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-8-22道頓堀ゼロゲート1F
TEL:06-4256-3185

 

日本では初めて大阪道頓堀に第1号店をオープンしますが、もうすでに中国などでこの奈雪の茶の人気ティードリンクをすでに飲んだ方もいらっしゃるようです。

飲まれた方の感想を聞くと「おいしい」という声が圧倒的に多いですね。
というか、調べた中ではおいしくないという感想はありませんでした。

 

その人気のひとつが、ソルティーなチーズフォームですね。

 

季節の果実と高品質な茶葉を掛け合わせた「フルーツティー」の上にのせてあるのですがこれが絶妙のハーモニーとなっているようです。

濃厚であまじょっぱくフルーティーな味わいになるのでしょう。

 

それに、なんといってもティードリンク店だけに茶葉は厳選しています。
なんでも、創業時に作り上げた自家茶園で栽培した、無添加無香料の新鮮な茶葉を使用されているということです。

 

クリームチーズなど濃厚チーズが好きな私にとってはどうしても飲みたいドリンクです。
種類も豊富にあるみたいですから、1回ずつ違うドリンクを試してみたいですね。

 

しかし、そうすると全部の種類を試すまでにはけっこうな日数がかかりそう(笑)
季節によってフルーツティーも変わっていくので早めにいかないと終わってしまいますよね。

 

となると、複数人で行ってみんなで違うものを注文して少しずつ試してみたいところですが今はコロナの影響がありダメですよね。

仕方ないから、数年計画にしましょうか(笑)

 

 

また、パンの種類も豊富で、国内産の素材を使った商品も多いようです。

ちなみに、これは大阪道頓堀店限定のたこ焼パンです。

7月4日どれだけのお客さんが行くのか楽しみです!

普通の時だったら人気爆発間違いなしなんですが、時期がね・・・・

スポンサーリンク
おすすめの記事